簡単便利

便利な使い方

こんな機能がついてたら・・・

POSレジやガチャレジなどを使っていて、こんな機能が付いていれば便利なのに・・・と思うことがあったという人は自分が使いやすいように機能をカスタムしてみましょう。周辺機器を変えてみたり、会計アプリを連携させてみたりすることで自由に使うことができます。

こんな使い方ができる

タブレットを持つ人

外出先でも情報が見れる

店を経営しているオーナーがいつも、店先に居ることができるというわけではありません。そのため、外出先でも気軽に店の状況を把握することができるPOSレジシステムが便利なのです。インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこでも店の状況を確認することができ、スタッフの勤怠状況なども知ることができるため、すぐに対応することができるのです。また、スマートデバイスにレジアプリをインストールすれば、入力した情報がクラウドを通じてPOSレジや他のパソコンに情報が届くため全体で共有することができるのです。

会計管理機能と連携できる

お店の経営を管理するためには、どのぐらい売り上げがあるのか、財務会計や管理会計を行なわなければいけません。従来のガチャレジでこういった計算をしようとすると、データを手打ちで入力しなければならないためミスが発生してしまう場合があります。ミスが発生してしまうと、財務会計の情報が変わってしまうため注意が必要になってきます。そのため、そういったミスを防ぐために会計アプリと連携することができるレジアプリを利用してみましょう。外部の会計アプリと連携することで、会計業務にかかる手間を省くことができ、自動的にクラウド上で計算することができるため正確に会計業務を行なえます。

勤怠状況も管理できる

従業員の出勤状況を管理する方法と言えば手動で打刻したり、タイムカードをおしたりするといった方法を使っていました。そのため、勤怠管理は別の場所で管理されているという事が多かったのです。別々にすることで、幾つかのメリットを得ることもできますが同じ場所で管理したいという人は、レジアプリを使って管理してみましょう。ひとつの機器にデータをまとめることができるため、あちらこちらからデータを引っ張ってきてまとめるという手間を省くことができます。

顧客管理ができる

お店の売り上げをアップさせるためには、来店するお客さんの情報もしっかりと管理しておくことが大切です。例えば、開業当初にかかえていたターゲットとする年齢のお客さんが来店しているか、男女どちらのお客さんが多く来店しているかという情報です。他にも、お客さんが実際に注文する料理はどんな種類が多いのかという情報を管理することができます。こういった情報をまとめて管理することができれば、お店の売り上げ対策として有効的に使うことができます。レジアプリを使えば、頻繁に注文されている料理とあまり注文されない料理を判断することができるため、飲食店を経営している人には最適と言われています。

広告募集中